Happened-11 Music
TNTN(NORIKO TUJIKO + NOBUKAZU TAKEMURA)
7 heavens / Your face



TNTN(ツジコノリコ+竹村延和)
「7 heavens / Your face」

2012年に発表したツジコノリコ+竹村延和のアルバム『EAST FACING BALCONY』以来のコラボレーションは新たなユニット名義、TNTNでのリリースとなります。本作は2017年10月に京都のライブハウス「外」での共演をもとに、新たに制作された2曲で、side aには幽玄的なウォール・オブ・サウンド、とでもいうべき音響風景が屹立する「7 heavens」を、そしてside bにはツジコのテンダーな歌声を軸とした子守唄のような「Your face」を収録。イラストレーションは『EAST FACING BALCONY』のアートワークを担当したフランスのアーティスト、クロエ・ファブルによるもので、ジャケット内には「パンダ」のステッカーを封入。フィジカル・リリースはこのアナログ7インチのみとなります。

TNTN is a duo of Noriko Tujiko and Nobukazu Takemura who also collaborated for the album EAST FACING BALCONY released in 2012.  It consists of two new pieces, taken from the recording of their performance at Soto in Kyoto in October 2017. The Side A features ‘7 heavens,’ a soundscape that conjures up so vividly as can be described as a subtle and profound wall of sound. The Side B features ‘Your face,’ a lullaby-like piece layered around Tujiko’s tender voice. The cover design was illustrated by French artist Chloe Fabre, who also did the artwork for EAST FACING BALCONY. Her panda sticker is included for offline distribution. The 7-inch vinyl format only.

TNTN(NORIKO TUJIKO + NOBUKAZU TAKEMURA)
「7 heavens / Your face」

side a 7 heavens(3:45)
side b Your face(3:50)

all sounds, words:ツジコノリコ  Noriko Tujiko 竹村延和  Nobukazu Takemura
illustration:クロエ・ファブル Chloe Fabre

release date 2019.6.26
format 7 inch
price ¥1,500(without tax)
label   Happenings
♯cat Happened-11

ご購入はこちらから  STORES.jp
We can ship overseas from Kyoto.
e-mail:happeningskyoto@gmail.com




ツジコノリコ
フランス在住の音楽家、映画監督。現在まで17枚のアルバムをEditions Mego, Tomlab, Fat Cat and Room40等からリリース。2003年、アルバム『ハードにさせて』はPrix Ars Electronicaで特別賞を受賞。『Sonar Festival』等の音楽祭にも出演する。映画、アニメーション、ダンス、インスタレーション作品への音楽提供や音楽家ピーター・レーバーグ、竹村延和、ローレンス・イングリッシュとのコラボレーションも評価を得る。2005年より映画監督として作品制作を開始、『砂、そしてミニハワイ』(2005年)『SUN』(2008年)はパリのカルティエ財団美術館をはじめ国際的に上映が行われている。3作目となる監督作品(ジョージ・コヤマとの共作)『Kuro』はフランスはもとよりアメリカや日本の映画祭等で公開。そのサウンドトラックが2019年4月にベルリンのレーベルPANによる新企画ENTOPIAからリリース。

Noriko Tujiko
Musician and film director, resident in France. She has released 17 albums in total from labels including Editions Mego, Tomlab, Fat Cat and Room40. Her album Hādo ni sasete(Make Me Hard) won the Special Award at Prix Ars Electronica in 2003. She made her appearances at many musical festivals including the Sonar Festival. Her music featured in films, animations, dance and installations, often praised as in collaborations with Peter Rehberg, Nobukazu Takemura and Lawrence English.  Since 2005, Tujiko started directing films, with her debut Suna, soshite mini-Hawai(Sand and Mini-Hawai, 2005) and subsequently Sun(2008) screened at Fondation Cartier pour l’art contemporain in Paris and worldwide. Her third film Kuro, codirected with Joji Koyama, was screened in France as well as at film festivals in USA and Japan. The film’s soundtrack has been released in April 2019 by ENTOPIA, a new project launched by Berlin-based label PAN.





竹村延和
アーティスト/作曲家。90年代より国内外で活動する。近年の活動は、日本でのジョン・ケージ生誕100年プロジェクトへの参加や、NYでのスティーブ・ライヒとの対談、メキシコ大学での「それぞれの時間で」(2011)、ベルリンでの舞台「内面化された異物」(2013)の制作など。音楽作品としては2012年にツジコノリコとのコラボレーション、2014年にはソロ作品『Zeitraum』を発表。これまで一貫して、子どもの感性をテーマに概念と情動の相克、意味生成と変容・分岐を音・言葉・平面・映像を交え探求している。2008年からドイツと京都を往来し現在は京都在住。
撮影  飯川雄大

Nobukazu Takemura
Artist and composer. Active both in Japan and abroad since the 1990s.  His recent projects include: participation in the project commemorating the 100th anniversary of birth of John Cage, conversation with Steve Reich in New York, performanceSorezore no jikan de(In Each Own Time) at Universidad Nacional Autónoma de México, and theater Naimenka sareta Ibutsu(Interiorized Foreign Matter, 2013).  His musical works released from Happenings include the collaboration with Tujiko Noriko in 2012, and his solo work Zeitraumin 2014.  For Takemura, children’s sensibility plays the leitmotif in his entire artistic endeavor. In pursuit of this, he employs sounds, words, flatness and images, as he takes on journey deep into a conflict between concept and emotion, a plateau where a meaning is generated, modified and diverges. Since 2008, he divides his life between in Berlin and Kyoto, the latter he resides currently.
photo by Takehiro Iikawa