Happened-07 Exhibition
TAKEHIRO IIKAWA
All for one?


飯川雄大 『ひとりはみんなのために』

HOTEL ANTEROOM KYOTOのGALLERY 9.5 にて美術家・飯川雄大による『ひとりはみんなのために』展を開催いたします。本展では、サッカーの熱狂的なファンでプレイヤーでもある飯川ならではの視点で、身体的な時間感覚や協働における団結など新たな問いを発生させる映像作品を軸に展開します。作品の中には、例えば華麗なゴールシーン等の決定的瞬間はありません。フォーカスされるのはむしろ光の当たらないプレイヤーたち。その知られざる情熱的な表情や愛すべきポジショニング。そんな彼らへの飯川の執拗なまなざしは年齢や国籍、経験を問わず同じグラウンドに立つ者からのプレイヤー讃歌であるともいえるでしょう。今回は過去に発表し好評を得ている作品に加え、新たな“サッカー”作品の発表を予定しています。どうぞご来場くださいませ。

HOTEL ANTEROOM KYOTO GALLERY 9.5 is pleased to announce the opening of Takehiro Iikawa’ ssoloexhibition'Allforone?'.Reecting the artist’s view point as a fanatic soccer fan and player, this exhibition is composed ofvideo works, raising new questions about the sense of time experienced physically and solidarity built through collaboration.
Iikawa does not present any crucial moments like spectacle of winning a goal. Rather his work focuses on the players out of the spotlight, and captures their passionate expressions and lovely positions. Iikawa’ s relentless gaze presents praises for the players regardless of the age, nationality and experience, from a player who stands on the same ground with them. Aside from his previous works, this exhibition present new works that still revolves around the concept of“soccer”. Please enjoy the exhibiton.

会期 2016年 5月13日(金)~ 7月3日(日)
12:00 PM - 7:00 PM(*但し、休館日 6月12日(日)~16日(木))
会場 HOTEL ANTEROOM KYOTO GALLERY 9.5(京都府京都市南区東九条明田町7番)
オープニングパーティー:5月15日(日) 6:00 PM

関連イベント

『HOTEL ANTEROOM KYOTO杯 飯川雄大のみんなのサッカー大会』
日時 2016年6月11日(土)12:30PM集合 1:00PM開会式~キックオフ
会場 フットサルスクエア京都南(京都市伏見区竹田青池町135 地下鉄・近鉄 竹田駅より徒歩5分)


飯川雄大
美術家。映像、写真、イラストレーションなど様々な分野で活動。代表作として、 日常の断片や見過ごす風景を定点撮影した「時の演習用時計」(2006~)、サッカーの試合中ボールに触れることのないゴールキーパーを捉え続ける「ハイライトシーン」(2014 ~)、“衝動”を画像で記録することで欠落する情報に着目する「デコレータークラブ」(2013 ~) がある。主な展覧会は「遭遇するとき -Happening Upon-」(滋賀県立近代美術館・滋賀・2013)、「OncewasNow, NowisOver, Yetwill Come」(Platform China・香港・2013)、「Rendezvous 09」(Institut d’ artcontemporain・リヨン・2009)など。ハジメテン、ばうみみ、COUMAのアーティストコレクティブでも精力的に活動する。 2015 年より神戸市のアート・デザインセンターKAVC×CAP×KIITOの3館連携企画「Marching KOBE」の公式キャラクター「猫の小林さん」を制作。小学校3年の時にスーパーロングシュートを決めた快感と喝采が忘れられずサッカーに取り憑かれる人生がスタート。神戸市在住。1981年生まれ。http://www.takehiroiikawa.com

Takehiro Iikawa
Takehiro Iikawa is an artist, working in a wide range of genre, including video, photography and illustration. His major artworks include “ e Clock for Practicing Time” (2006 - ) that documents overlooked landscape and fragments of everyday life from a xed view point, “High Lights Scene” (2014 -) that captures goal keepers who don’ t have the chance to touch the ball during a soccer game, and  “Decoratorcrab”that focuseson the information lost in the process of visually documenti g and expressing an“impulse” .Hissolo exhibitions include: “Happening Upon”(e Museum of Modern Art, Shiga, Shiga, 2013), “Once was Now, Now is Over, Yet will Come”(PlatformChina, HongKong, 2013), “Rendezvous09”(Institutd’ art contemporain,Lyon,2009).Iikawa is anactivemember of artist collectives, including Hajimeten, Baumimi and COUMA. Iikawa creates the o cial character “Mr. Kobayashi, the cat” for “Marching KOBE” , project cooperatively organised by three art and design centers in Kobe: VC, CAP and KIITO since 2015. Iikawa currently lives and works in Kobe. He was born in 1981. He could never forget the pleasure and applause when he won a super long shoot as a third grader in elementary school. Since then his life has been haunted by soccer.